こんばんは。20代なのに自分の誕生日を忘れていた。
てんめいです。

今回の記事では、自分のアップしたYoutube動画の投稿日を見て

 

時間流れんの早くね!?

 

と思ったことに関して心境やら分析やらしていきたいと思います(前半分析パート、後半心境パートです)

 

この記事の目次

1.【分析編】なぜ年を取ると一年が短く感じるか
2.【心境編】自分自身の状況
3.これからの抱負

 

1.【分析編】なぜ年を取ると一年が短く感じるか

分析した結果、導き出した答えから発表します!

 

2歳児の1年と、20歳の1年は感じ方が違います

 

この理論の根拠についてです。

2歳児にとっての一年とは何か?
2歳児は生まれてから2年しか経っていませんね。「1年」という期間を2回しか経験していないわけですよ。
つまり、2歳児にとっての1年とは以下の式で表せます。

1(年) ÷ 2(歳) = 0.5
0.5 × 100 = 50%

人生の半分が1年となり、感じる時間は長いですよね。

 

では、20歳にとっての一年とは何か?
20歳にとっての1年は以下の式で表せます。

1(年) ÷ 20(歳) = 0.05
0.05 × 100 = 5%

20歳にとっての1年は20分の1。今までの人生の5%にしか満たないわけです。

つまるところ年を取れば取るほど時間の感じ方が短くなっていくのは当たり前。
時間は平等に与えられているにしても感じ方が違ってくるんですよね。

で、こんなくだらないこと考えて、自分の心境とか生活について思ったことを書いてみるわけです(暇人すぎるとか言わない)。

 

2.【心境編】自分自身の状況

今の心境を結論から言おう。

1年で何も積み上げられてねえ
_:(´ཀ`」 ∠):

 

マジで一年早すぎん?
もしかして人間ってあっという間に死んでしまうんちゃうんけ?

やばいですね(笑)これからもっともっと時間の感覚が短くなっていくというのになんという体たらく(笑)。
結婚もしてないし、貯金もそれほどないし、仕事が上手くいってるかというとそうでもないし、資格の取得とかも全くしていません!
ぶっちゃけ早く結婚したいという気持ちはあるんですが、まあこれが難しいわけです。私の収入でどうにかなるかというと怪しいところ満載なんで(笑えねえ)

ブラック企業に勤めていたんで、若いころの時間を、あれよあれよという間に吸い取られ気付いたらアラサーですよ。

 

いいか若いヤツら
誰に何言われてもいいから若いころに遊んどけ
仕事人間になってもいいことないぞ

 

若いころって趣味とか友達とか旅行とか、こうキラキラした感じのイメージですけど、私の場合は違いましたからね。
薄暗く、ジメジメして、憎しみに満ちた20代でした(笑)

だがこれから変わる!
変えてみせる!

 

3.これからの抱負

いろんなことにチャレンジしていきたいと思っています!
目標としては

・天然石アクセサリーの販売
・ブログ記事の執筆をこまめに
・Youtubeでフリーゲーム実況

この3つをやっていければなと思っています。

あとは節税対策でふるさと納税なんかもやりたいっすね!
頑張るぞ!