こんばんは。
退職後の離職票紛争に突入してしまっている方・・・お疲れ様です。
てんめいです!

 

退職後の離職票が届かず、いろんな手続きが出来ない

本当に困りますよね

 

わかります。
私も離職票届かなかった身なので。

 

国民年金の切り替え手続きなどでも離職票は必要になってくるのですが、離職票がとどかない場合の国民年金の手続きってどうするの?という方へ・・・。

 

離職票じゃなくても手続き出来ました

 

その内容について情報共有したいと思います!

 

※ 離職票がとどかない際の対処法は こちらの記事 をご覧ください。

 

この記事の目次

1.国民年金の手続きについて
2.対応窓口と持っていくもの
3.窓口でのやり取りとその後

 

1.国民年金の手続きについて

まず最初に、お仕事をされていたみなさんはご存知のように厚生年金や共済年金に加入していたかと思います。
厚生年金についてざっと話をしますと、国民年金プラスαで給与から引かれているもので、働いていると自動で給料から差っ引かれるのがほとんどだと思います。

 

で、厚生年金というのは企業も負担している部分があるため、将来年金をもらう際にはその金額が大きくなるという仕組みですね(定年引上げられまくってるんで、私が貰う前に死ぬんちゃうか思いますがね)
細かい話をすると1号とか2号とかありますけど、詳しく説明してもたいして人生には必要ないので割愛します。

 

仕事を辞めるわけですので、この厚生年金という制度の枠組みからは外れるわけです。
そうすると、厚生年金は先ほど書いたように

 

国民年金 + α = 厚生年金

 

となりますので、国民年金の部分を自分で払う必要性が出てくるわけです。
辞めた後なので会社は事務処理しないのは当然ですね。

 

そしてこの切り替えの期日なんですが

 

退職後14日以内

 

となっています。

 

だがしかし

 

電話して問合せしたんですが、離職票の写しをもってきてくださいねーと言われるんですね
そこで問題が出てくるんですが、離職票がとどいてない場合どうすりゃいいんですか、って話。

 

実はこれ離職票じゃなくても大丈夫です

 

離職票に変わるものとして「資格喪失確認通知書等」を用意してください

 

区役所の職員さんが言うには、年金や共済の資格がいつ無くなったのかという点と退職により資格が無くなったという内容が印字されていればそれでいいそうです。

 

2.対応窓口と持っていくもの

自身が住んでいる管轄の区役所に行ってください。
別の場所に行っちゃ駄目ですよ。

 

その際に必要なものは電話で言われたのは以下の通り

 

必要書類

・ マイナンバー通知書もしくはマイナンバーカード
・ 年金手帳
・ 離職票(なければ資格喪失確認通知書等
・ 身分証(運転免許証でOK)
・ 届け出印(銀行引き落としを希望の場合)
・ 通帳(銀行引き落としを希望の場合)

これら一式を持って区役所に行きましょう。
なお、私の地区の窓口は国民課国保年金係でした。

 

3.窓口でのやり取りとその後

とりあえず番号札を取って順番が来るのを待ちます(当たり前)。
窓口で言うことは一つです。

 

離職したので国民年金の切り替えに来ました

 

そうすると、年金関係の手続きが初めてなのかどうか尋ねられますので、はいそうですと答えましょう。
全く何もわからない体で行ったほうが無難だと思います。
私の失敗談なのですが、1号だの2号だのちょっと聞きかじった知識を言うとですね、相手が制度を分かったこと前提で話をしてくるのでサッパリわからんという事態が発生します。

 

恥ずかしがらずに正直に教えてくださいというのが吉。

 

手続き自体は簡単です。
国民年金の振込書を送って欲しい住所とか必要事項書いて終わりです。

 

で、肝心の国民年金保険料ですが、平成30年度は1ヶ月あたり16,340円です。
まあ高く感じますが日本人の義務ですのでしゃーなしです。

 

ここでアレッと思った人居ると思うんですけど、4月に振込書郵送の手続きをお願いして4月分って支払えるの?という点なのですが、大丈夫みたいです。

 

というのも、国民年金というのが支払期限が2年以内という決まりがあるらしく、それまでに納めてもらえば問題ないそうです。
しかも、3月31日付で退職して、振込書がとどくのがだいたい5~6月中とのことですので、どうあがいても間に合いませんしね。

 

最後に、国民年金の自動引き落としについてですが、私は自動引き落としにしませんでした

 

というのも、引き落としを中止したい場合はどうしたら良いんでしょうか?と聞いてみたんですね。
たとえば、早めに再就職が決まったら(決まるのか、俺)4月分しか払わなくていいけど、5月分が自動引き落としされるんじゃないかとかそういったイメージです。

 

結論から先に言いますと、そのときは銀行に行って引き落としの中止手続きを自分でやりなさい、とのことでした。
さらに、手違い等で引き落としがされてしまった場合還付の手続きが必要ですとのことです。

 

正直めんどくさい

 

なお、銀行からの自動引き落としを希望しない場合は通帳と届け出印は持っていく必要はありませんので、探さなくて大丈夫ですよ!

 

長くなりましたが今回の記事はここまで。

 

お役にたてましたでしょうか?
てんめいでした!



↑ 私が最初に登録した転職情報サイト【リクナビNEXT】です!
仕事が忙しいという方はスカウト登録をすれば企業からのオファーが届きます!
登録だけでもしておきませんか?登録はもちろん無料です♪



↑ 転職市場大手のマイナビより、マイナビエージェントサービスが利用できます!
エージェントが応募企業に沿った応募書類の添削や、面接日の日程調整はもちろん、ご希望に応じて各企業の選考の傾向を踏まえた「面接対策」も実施。
面談では、社風や職場環境など、募集要項だけでは分からない生(なま)の求人情報を提供してくれますよ♪