こんばんは。てんめいです。

 

ここ最近元気が全くありません。というのも、仕事に適応できず、仕事量と精神がパンクしてしまいとうとう仕事を辞めてしまいました。精神科に行ったところ不安障害+うつ疑い。診断書を書いてもらい即日退職することにしました。

 

医者から言われたことは「もう自分のことだけ考えて生きたほうがいいですよ」とのこと。正直この言葉には涙しか出ませんでした。パンクしてわけもわからないまま進めていた仕事の数々はほったらかし、自分のカラダが大事だということで逃げてきたので自分はとても弱い人間なのだと思っています。

 

というかそういう診断が出たことで一番驚いたのは自分自身なわけで

 

辞める時、社長は「後のことは自分らで考えるからゆっくり体を休めてください」と声をかけてくださいました。本当にありがとうございます。事務職の方々はあきれ果てた様子で「はいはい辞めるのね」って感じの対応でしたね。最後に言われたのは「私物は忘れないように全部持ち帰ってくださいね」だったので。

 

そもそも未経験分野に飛び込んだのが間違いだったのだと思っています。あと、前職を辞める時に次をみつけずに辞めたので、再就職に対する焦りのようなものもあったように思いますね。面接を受けてトントン拍子に採用~働くまで行ったので、その時点で他の会社も受けるという選択肢を考えるべきだったのかもしれません。焦って何かをすると何一ついいことは無いんだなということを実感しました。自分自身ロケットスタートと見切り発車の傾向がものすごく強い自覚はありましたしね。

 

とりあえず今時点で何をしようか、また何がしたいのか良くわかっていない状態であることは確かです。

 

考えていることとしては
・ハローワークの職業訓練で何かしらのスキルを身につける

 

くらいでしょうか。あと、自分の考えていることややらなければいけないことをまとめるためにノートを取るようにしました。今までは記憶できていたことが最近では全然記憶できなくなっていきているので、自分自身の課題とすべきことをノートで残して行けばなんとかなるような気がしています。

 

少なくとも、次の就職では「事務職」「女性の多い職場」「産休の補充要因」には絶対に行かないようしようと思っています。

 

あと、今時点で一番恐怖を感じているのは前の職場からの電話攻撃ですね。
今日さっそく一本電話かかってきてました。後で気づいたのでかけなおしたところ「もう解決したので結構です」の一言でガチャギリでしたから。
急に辞めたからキレてるんでしょうね。でもね、あなたたちも私が精神病になった一因だということはちゃんと把握しておいてほしいなって思いました。

 

焦らず着実に一歩ずつがんばっていきたいと思います。