こんばんは。
新社会人の皆様。入社一日目の労務、お疲れ様です。
てんめいです。

 

地獄へようこそ

入社一日目で心折れたヤツは手をあげなさい

 

すいません煽りました。
今日は、入社一日目の新卒の皆様に「長く居ると人生が狂う企業」の特徴を、ブラック企業経験者の観点から語りたいと思います。

 

当てはまるところがあったら逃げろ

命があるうちにな

 

この記事の目次

1.私が経験したブラック企業の闇
2.自分の感覚を信じると吉
3.世の中にはびこる嘘を一つ教えます

1.私が経験したブラック企業の闇

入社一日目なので今の会社のことなんてよくわからないと思いますが、以下のような状況に当てはまる方は要注意
転職に向けて実績作りだけに集中しておいたほうが良いということだけ伝えておきます。

 

私が経験したエピソードの1部

・歓迎会の会場を片付けさせられた
・トイレを素手で掃除させられた
・前任者が辞めていて既に居ない
・自分の受け持つ業務について詳しい人が居ない
・新人研修が義務的で何の意味も無い

まあ上記はジャブみたいなもんですがそれぞれ見ていきましょうか!

 

歓迎会の会場を片付けさせられた

私が入社したその日の歓迎会会場の後片付けを私自身がするという鬼畜っぷり。
なお、女性職員は片付け免除という何とも女尊男卑社会でしたね。

 

自分が「よろしくお願いします」の挨拶をしたときに座っていた椅子と机を自分自身で片づけさせられる気持ちと言ったらもう何とも言えませんでしたね。

 

トイレを素手で掃除させられた

入社して一か月くらいですが、新人は強制参加のトイレ掃除というイベントがありました。
わが社のトイレを素手で磨くというもので、ゴム手袋をつけたら非国民扱いです。

 

なめられるくらい綺麗にしろ

トイレを磨いて自分の心を磨け

 

というわけのわからない宗教的な家訓を押し付けられるクソイベントです(こびりついたクソは磨きましたが)。
このときトップが「いやあ私もトイレを素手で磨きたかったなあ!」とか言っていましたが、トイレを磨いている様子は無かったですね。

 

率先して嫌なことをするようなタイプのトップなら良かったんですけど。

 

前任者が辞めていて既に居ない

 

自分が入社するときは前任者が2人辞めてました

 

しかもそれぞれ定年とかじゃなくて定年前に我慢の限界が来て辞めた感じですね。
もうこの時点で明るい未来は絶対にないです。

 

自分の受け持つ業務について詳しい人が居ない

辞めた人たちに仕事を押し付けていたわけですから、当然引継ぎなんてされてるわけもないんです。
右も左もわからない状況なのに、過去のファイルを見てやってくれと言われるわけですねー。

 

いや、ファイルどこあんだよ

 

新人研修が義務的で何の意味も無い

 

新人研修が1日で終わったりします

 

私の時は、他の部署を回って仕事内容を軽く把握するという内容のものでしたが、何の意味も無かったです。
雑用させられました。

 

掃除とかファイルの整理とか。
説明する人がとにかくめんどくさそうだったのを覚えています。

 

2.自分の感覚を信じると吉

上記だけでもすっごーい嫌で、正直辞めようと思いました。

 

ですが、石の上にも3年ということわざがあるくらいですから、社会って厳しいなー程度に思って続けてました。
で、退職した今思うことがあります。

 

入社したときの感覚が本物だった

 

これです。
正直まともな人間があんまりいませんでしたし。
経営者を筆頭に。

 

自分の感覚信じて生きたほうがいいですよ。
ここやべーなと思った瞬間から、1年で職場に対する実績をさっさと作ってしまいましょう。
自分で考えて仕事をしていれば、一つくらいのアピールポイントにはなります。

 

それに、一年ならまだ年齢も23歳でしょうから、雇ってくれるところたくさんありますよ。
むしろ、何も得られるものがないのにズルズル残る方がリスクが高いです。

 

歳を取れば取るほど

在職年数が長ければ長いほど

転職は難しくなっていきます

 

3.世の中にはびこる嘘を一つ教えます

出典:賭博黙示録カイジ(講談社) 作:福本 伸行

 

石の上にも3年は嘘

 

3年居させることによって、今の職場に慣れさせ、やめづらくするための手法です。
これは雇った側の意見ですので、雇われた側からすると、3年も人生を無駄にさせられたと思ってください。

 

私は6年間前職場に居て思ったことはたったの一つです。

 

もっと早く辞めるべきだった

 

年取ってから転職ってマジで難しいですよ。
思い立ったが吉日です。

 

「ブラックかな?」という疑念はだいたい当たります。
これから働いていく人たちは大変かと思いますが、実績作ってさっさとやめましょう。

 

おっさんからのアドバイスです。
てんめいでした!



↑ 私が最初に登録した転職情報サイト【リクナビNEXT】です!
仕事が忙しいという方はスカウト登録をすれば企業からのオファーが届きます!
登録だけでもしておきませんか?登録はもちろん無料です♪



↑ 転職市場大手のマイナビより、マイナビエージェントサービスが利用できます!
エージェントが応募企業に沿った応募書類の添削や、面接日の日程調整はもちろん、ご希望に応じて各企業の選考の傾向を踏まえた「面接対策」も実施。
面談では、社風や職場環境など、募集要項だけでは分からない生(なま)の求人情報を提供してくれますよ♪