こんばんは。てんめいです。

 

中々辞められません。
ブラック企業。

 

今日は、心の葛藤を記事にします。

 

この記事の目次

1.辞めたことないのに最悪の事態を想定する
2.やったこともないのに諦める
3.実際に辞める人ってすごいんだなって思う

<スポンサーリンク>


 

1.辞めたことないのに最悪の事態を想定する

これなんですよ。

 

僕は実際に会社を辞めたことが一度もありません
アルバイトを辞めたことは2回あるのですが。

 

「辞めたこと」が無いのに「辞めた後どうなるのか」という不安ばかりが付きまとい、行動に移せないのです。

 

当然、一度会社を辞めてしまえば瞬く間に「無職」になってしまいます。
「無職」それは、給料が入らないこと。
今ある奨学金という300万の借金が返せなくなるということ。

 

つまり、今のちっぽけな雀の涙すらない状況になるということ。
そんな中、再就職先が見つかるんだろうかという不安に苛まれるわけです。

 

辞めた後どうなるんだろう?
ニートになって幸せな人生なんて無くなって死んでいくんだろうか?
今居る彼女にフラれて1人さびしく生きていくのだろうか?

 

そんなことばかり考えてしまいます。

 

2.やったこともないのに諦める

どうして諦めるんだそこで!
出来る! 出来る! 絶対に出来るって!
(by:松岡修造大先生)
※松岡先生、写真、お借りします。必ず、人生再起して立派な人になります。

 

世の中「やってみないと分からないことだらけ」だと思うんです。
誰でも最初は初めてのことで、どうしたらいいのかわからない不安でいっぱいだと思います。

 

それでもやってきた

 

失敗しても高校受験だって大学受験だって就職活動だってやってきたんだ。
それでも何とかなってきたじゃないか!

 

今までの自分が失敗だったと分かっているのに、なぜそれを改善しようとしないのか
なんで今の会社にしがみつこうとするのか、ガチで自分でも分かりません。

 

正直、ストレスで頭がおかしくなってるんじゃないかと思っています。
「保守的」になったとでも言いますか……「自分の人生をあきらめた」感が半端じゃないです。

 

3.実際に辞める人ってすごいんだなって思う

今の会社に疑問を持ってすぐに辞めた人、尊敬します
辞めるというのはものすごいエネルギーが必要です。

 

先行き不安な人生に、前が見えなかったとしても、光のある方向に進んでいく。
まるで勇者です。

 

ほとんどの人は、「これはおかしい」と思っていても行動に移せない。
1割の人が勇者で、9割の人は村人Aです。

 

僕もまた、村人Aです

 

社会に搾取され、前に進む勇気も無く、ただ死んでいく。
「勇者」が世界を救ってくれることをただ待っており、「勇者」が世界を救うことに失敗してしまえば、落胆し今の生活を続ける。

 

もうそろそろ主人公になろうや!
俺!

 

P.S.
退職届を書きました。
理由は上司からの心のない言葉が原因です。

 

簡単に言うと「変わりは誰でも居るから辞めたいなら辞めろ」と言われたからです。
こんなこと言われてまで会社に尽くそうなんて思いません。

 

なろう、「勇者」に。

 

緩やかに殺されるなら、今死んだっていいじゃないか。

<スポンサーリンク>