こんばんは。てんめいです。

 

世界で話題になっている仮想通貨「ビットコイン」。
これ、儲かるだの何だのって話が良く出ますが「そもそも一体何なの?」と思っていたので勉強してきました。

 

今日はその内容を解説しようかなと。

 

この記事の目次

1.ビットコインとは
2.どんなメリットがあるの?
3.将来的な展望(個人的意見)

<スポンサーリンク>


 

1.ビットコインとは

仮想通貨です。
仮想通貨とは何かというと、実体が無い通貨です。

 

実体が無いとはいったいどういうことか?

 

日本円だと、小銭とお札が日本銀行から発行されますよね。
アメリカだとドルとセントでしょうか。

 

それが無いんです。

 

デジタルデータ上での通貨に価値をつけたもの、と思ってください。
簡単に言うとWAONとかnanacoカードみたいなもんです。

 

そこに実体はないけれども、カードをかざせばお金としての価値がある。
そういったものです。
この場合はスマホをかざせばビットコインで決済できるということですね。

 

2.どんなメリットがあるの?

ビットコインが作られた経緯は、世界共通の通貨が無く不便だったからと言われています。

 

例えば、海外旅行に行ったとしましょう。
具体的には、アメリカが分かりやすいのでアメリカの話をします。

 

アメリカに行った際に、まず皆さんは何をするでしょうか?
そう、両替をしますよね。

 

円をドルに換えるはずです。
なぜなら海外では自国の通貨が使えないからです。

 

これだと両替のお金も取られちゃうし、通貨損益が発生しますよね。
そういったことを無くしたい!という思いで、有志たちが集い作られたんです。

 

で、本題のメリット
勉強した中での話なので、これ以外にもたくさんあると思います。

 

・ 両替等の手間が無くなる
・ 通貨量が変動しない
・ 銀行に行く手間も無い

 

両替等の手間が無くなる

上記に記載した通りですね。
わざわざ両替所に行く必要が無くなるわけです。

 

しかも手数料がほぼゼロ。
ビットコインさえ持っていればどこの国に行っても、スマホ1つで決済が出来るわけです。

 

通貨量が変動しない

普通の通貨というのは、量が国によって操作されます
たとえば、かなり珍しいケースではありますが、日本でも経済状況によって通貨量が調整されます。

 

それによって通貨の価値が変わるわけです。
インフレやデフレを調整するためですね。

 

通貨量が変動すると、当然通貨の価値が変わります
あり得ない話だとは思いますが、日本銀行が紙幣を大量に発行したとしましょう。

 

そうすると、円の価値は下がるわけで、例えば貯金が100万円あったはずが、超絶ハイパーインフレが起こって100万円で林檎1個しか買えない世界が来たら・・・どうしますか?
そんなこと起こらないと思いますか?

 

答えから先に言いますと、十分起こりえます。
これが実際に起こったのがジンバブエドルです。

 

で、こんな恐ろしいことが起こって欲しい人なんて世の中に誰も居ないわけです。
共通の価値が決まっている通貨を使えば、こういった経済破綻が起こりづらいというメリットがあるんですね。

 

他にも戦争が起これば敗戦国の通貨が変わることがあります。
考えたくないですが日本と中国が戦争をして、日本が敗戦した場合。
仮に、中国政府が「円を廃止して人民元を導入する!」と言ったとしましょう。

 

そうすると日本円はただの紙切れと鉄くずになるわけです。
でも、ビットコインは全世界共通の仮想通貨なので、持っていれば自分の資産が紙切れと鉄くずにはならない、ということなんです。

 

銀行に行く手間も無い

日本では中々ないことなのですが、発展途上国では銀行に行くのに片道3時間かかったりするそうです。
そこで仮想通貨があれば、銀行に行く手間は省けます。

 

携帯電話は誰でも持っているので、便利ですよね。
ただ、これに関しては今はネット銀行などが整備されつつあり、Edyやクレジットカードでの決済があるので、一概にメリットとは言えないかもしれません。

 

3.将来的な展望(個人的意見)

ビットコインはこれからも伸びると思いますし、ちゃんとした理由があって作られた仮想通貨なので、利用する店舗はこれからも増えていくと思います。
だって、決済が楽ちんですから。

 

ビックカメラでは、全店でビットコインの決済が可能となりました。

 

ただ、1点流行しないだろうなと思う予想はあります。
というのは、為替市場が黙っていないと思うから。

 

そもそも為替市場とは、通貨と通貨の価値の差で儲ける仕組みです。
通貨ペアをドル/円とすると、円高でドルがいっぱい買えたとか、円安で儲かったとか、そういった取引をしている人が多く居るわけで、さらには手数料で儲けている為替市場がすんなりとビットコインを受け入れるとは思えないんですよね。

 

あとは、それぞれの国が自分の国の通貨を廃止してまでビットコインを受け入れるかどうか。

 

通貨って、その国の歴史とか伝統を色濃く表していますから、当然プライドがありますよね。
ここが流通までの難しい関門だと思います。

 

さて、長くなりましたが、自分が勉強した範囲ではこんな感じ。
理解の助けになれば幸いです。

<スポンサーリンク>