こんばんは。てんめいです。

 

ブログをやっていると絶対に出てくる問題「著作権」。
今日は、ブログで「引用」をする場合に必要な条件などをちょっと法律を眺めながら考えてみました。

<スポンサーリンク>


 

この記事の目次

1.法令と解釈
2.まとめ

 

1.法令と解釈

著作権法が作られたそもそもの目的が第一条に記載されていましたので見ていきたいと思います。

 

(目的)
第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

 

ほうほう・・・作った人の権利を保護しないとパクられたりコピーして売られたりして、製作者がやる気を失うから法律で守ってあげましょ!ってことですかね?

 

だいたいの意味は分かりました。
で、巷に流れている「引用すればほかの人の著作物でも使ってええんやで!」という噂の根拠を調べていきましょう。

 

(引用)
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
2 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。

 

ふむふむ・・・つまり、公表されているものは「引用して利用することができる」とある以上、条件を満たしていれば著作権法違反にはならないことは間違いないと。

 

なぜ引用という制度が認められているのか、ということに関しては文化庁のホームページに記載されていました。
小さい文字でいろいろ書いてあるのですが、要約すると「人が作ったモノを使うときは絶対にお金を払う必要があるんだZO☆ という風にしてしまうと、かえって文化の発展の阻害になってしまうから」というのが理由みたいです。

 

じゃあ、「公正な慣行に合致するもの」とか「目的上正当な範囲内」って何よ?ってことになりますよね。
ここは法令に解釈がありませんが、どうやら判例があるらしく、判例には以下の通り記載されています。

 

[1] 主従関係:引用する側とされる側の双方は、質的量的に主従の関係であること
[2] 明瞭区分性:両者が明確に区分されていること
[3] 必然性:なぜ、それを引用しなければならないのかの必然性が該当します

 

ここは文言抽象的すぎて良く理解できませんでしたが、思うに以下のような感じかなと思いました。

 

[1] 本文より引用部分のほうが多いような記事を書いたらアカン!
[2] 引用部分が本文と溶け込んでいて、どこが引用なのか分からないような書き方はアカン!
[3] 引用しなくても説明できるような場合には使ったらアカン!

 

文字と判例から推察するにこういうことなんじゃあないかなと。

 

で、引用する際には「他人が作ったものなんです!」というのが分かるようにしなきゃいけないわけで、その条件は四十八条に書いてありました。

 

(出所の明示)
第四十八条  次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一  第三十二条、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十三条の二第一項、第三十七条第一項、第四十二条又は第四十七条の規定により著作物を複製する場合
二  第三十四条第一項、第三十七条第三項、第三十七条の二、第三十九条第一項、第四十条第一項若しくは第二項又は第四十七条の二の規定により著作物を利用する場合
三  第三十二条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合又は第三十五条、第三十六条第一項、第三十八条第一項、第四十一条若しくは第四十六条の規定により著作物を利用する場合において、その出所を明示する慣行があるとき。
2  前項の出所の明示に当たつては、これに伴い著作者名が明らかになる場合及び当該著作物が無名のものである場合を除き、当該著作物につき表示されている著作者名を示さなければならない。
3  第四十三条の規定により著作物を翻訳し、編曲し、変形し、又は翻案して利用する場合には、前二項の規定の例により、その著作物の出所を明示しなければならない。

 

いろいろと書いてありますが以下のことを守りなさいってことですね

・ 出所を明示
・ 著作者を示す

 

これは恐らく口頭で行うような講演のような場合でも、「誰々さんの何々によりますと~」など一言おことわりが必要と考えられますね。
「明示の方法」については記載が無いため、ケースバイケースによって判断してくださいね、ってことでしょう(これが法律の怖いところでもあります)

 

2.まとめ

以上のことを軽く勉強して思ったこととしては、著作権者の意思をきちんと尊重するような姿勢で引用していれば、法令違反になることはなさそうだなと感じました。

 

今回はちょっとした内容を考えてみただけですが、次回は本格的に「知的財産管理技能士」のテキストでも買って、もっと深いところまで解説できるようにしたいなと思っています!

 

雑記でした!

<スポンサーリンク>