こんばんは。てんめいです。

 

最近のニュースで、いじめられていた中学生の生徒が自宅で首をつって死亡していたとの報道を見ました。

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?
怒りの気持ちがあふれて来たので記事にします。


<スポンサーリンク>


この記事の目次

1.どこからがいじめなのか
2.いじめは無くならないのは何故?
3.親御さんは一刻も早く救ってあげて

 

1.どこからがいじめなのか

これ、相当昔から議論になっていて、まだ線引きが分からない内容ですよね。
いわゆる「いじり」と「いじめ」の違いです。

 

僕が思うに、ちょっとしたことであったとしても、やられた側が嫌だと思えばそれは「いじめ」だと思っています。

 

だいたい、いじめ問題で加害者側になってるクソガキの言い分は「そんな大事になると思ってなかった」とか「遊んでいたつもりであって、自殺するとは思わなかった」とかそういう内容がほとんどですよね。

 

しかも、最悪なことに学校の教員も「じゃれあっているだけと思っていた。そんな事態になるとは。」とかいうコメントをしますよね。

 

僕は、加害者側がどう思っているなんて知ったことではないと思うんですよ。
やられる側が嫌だと思っているのであれば、ちょっとしたことであっても止めるべきです。

 

2.いじめは無くならないのは何故?

思うに、大人の世界でもいじめというのは起こっているわけで、大人の世界で常態化していることが子どもの世界から無くなるとは僕は到底思えません

 

世の中には、プライドが高く、相手のことを一切認められないような人がたくさん居ます。
その心理には年齢や性別は関係ありません。

 

つまり、「自分が一番でありたい」とか「自分は人間として価値がある」とか「誰からもすごいと思われる人でありたい」という、いわゆる承認欲求のようなものが人間には必ずあるのです。

 

で、そういう人たちは自分自身が何も出来ないちっぽけな人間だということに気付くと「他人を貶める」という行為によって、自分の価値を高めようとするんですね。
すなわちコンプレックスのようなものです。

 

例えば、自分は人間的に60点くらいだとします。
微妙な点数です・・・80点の人がすぐ近くにいると自分は2番目になってしまいます。
そこで、自分の価値を高めるために80点の人の評価を下げたり、何とかして点数を落とすような行為をするんですね。

 

正直僕はこの行動について「ホンマしょうもないことしやがって」と思います。
実際、80点の人が居るなら自分自身を磨いて90点に持っていけばいいのに、なぜほかの人を貶めることに時間を使うのか・・・非効率すぎます。

 

3.親御さんは一刻も早く救ってあげて

話がそれましたが本題に戻します。
いじめられているお子さんがいらっしゃる家庭の親御さん、まずは学校に行かせるのを止めさせてください

 

最悪の事態になりますよ?

 

学校って死んででも行かなきゃいけないところですか?
命よりも大事なことなんてあるんですか?
精神を病んででも卒業しなければいけないほど価値のある場所ですか?

 

僕はそうは思いません。

 

学校なんて全世界にいくらでもあるのに、なぜ今の場所に行かせ続ける必要があるのでしょうか?
一刻も早く学校に行くのを止めさせて、将来について話し合うべきです。

 

小学生や中学生というのは、今ある環境がすべてだと思っています。
だってほかの環境を知らないんだから。

 

いじめを見つけたときに、物理的に解決するのが難しいとき、周りの人たちは「そんな場所に行かなくていいんだ!学校に行かなくても人生が終わるわけじゃない!」と言ってあげてください。
それだけで救われる命もあるはずです。

 


<スポンサーリンク>