こんばんは。てんめいです。

 

今回は、ニュースで報道された「ジョニーデップが大統領の暗殺をほのめかすような内容をコメントした」という内容について記事にしてみたいと思います。


<スポンサーリンク>


この記事の目次

1.ジョニー・デップが発言した内容
2.実際そんなことするわけないよね
3.今回のニュースについて

 

1.ジョニー・デップが発言した内容

「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「チャーリーとチョコレート工場」の主演を務めている俳優のジョニー・デップ。
なかなか渋いし演技も上手で結構人気がありますよね。
僕も彼の演技はそこそこ好きで、映画の中ではクスッと笑ってしまうような場面もあり、わりと好きな俳優の部類です。

 

そんな彼が、音楽イベントの中で観客に「俳優が大統領を最後に殺したのはいつだっけ?」という発言をしたとして、ニュースで取り上げられていました。
ニュースでは「トランプ大統領の殺害をほのめかした」という内容で持ちきりです。

 

これは1865年にリンカーン大統領が俳優ジョン・ブースに暗殺されたという歴史を示唆したもので、暴力的であるとのこと。

 

【興味が無い人は「2.」まで読み飛ばして!】

エイブラハム・リンカーンは歴史の教科書等で一度は目にしたことがあるかと思います。
彼はアメリカ合衆国の第16代大統領で、「国民の国民による国民のための政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意することである」という民主主義の基礎を築き、奴隷解放等に尽力した人物です。

 

歴代大統領の中でも、「最も偉大な大統領」の一人と呼ばれています。

 

彼の最後は劇場で銃殺されたというもので、その犯人が俳優であった、との歴史があるのです。

 

2.実際そんなことするわけないよね

ジョニーデップのキャラクターというか、ちょっとジョークっぽく発言するような感じは普段からあった気がします。
で、今回のニュースですが「俳優が大統領を最後に殺したのはいつだっけ?」という発言をしたからといって、実際にそんなこと考えてても出来るはずないじゃん?と思いました

 

仮にトランプ政権に向けた発言であったとしても、今のアメリカ大統領の就任式などを見てもわかるように、そう簡単に大それたことが出来る環境ではないと思いますしね。
昔は昔、今は今。

 

大統領の周りにはSPもたくさんいますし、ボディーガードもたくさん居ます。
どういう理由があってジョニー・デップが真剣にそんなことを言うのか、根拠がありませんし、実現可能性が無いですよね。

 

日本で言うところの「ディスラップ」みたいなパフォーマンスの一つのような感じもします。

 

3.今回のニュースについて

まず最初に思ったのは「ジョニー・デップってやっぱり人気なんだね」ということ。
ちょっとジョークを言ったりしただけでもニュースに取り上げられ大きな批判を浴びせられるということは、それだけみんなから注目を浴びる存在なんだなと。

 

周りからなんとも思われていない人は報道すらされませんからね。

 

ちなみに、この後彼はちゃんと一連の発言について適切ではなかったと謝罪したそうです。
自分がやったことを素直に謝るあたり、悪い人ではないんだろうな、と。
ジョニー・デップの新たな一面が今回のニュースで見れた気がします。

 

あと、どうでもいいですが「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新作が出るらしいですね!
結構気になっているので見に行ければと思っています!

 

以上、ちょっとしたニュース感想文でした。

 


<スポンサーリンク>