こんばんは。てんめいです。

 

今回の記事では、GIMP2.8を使って、画像の外枠に線を入れる方法ついて紹介してきたいと思います。

<スポンサーリンク>


 

この記事の目次

1.使い方
2.まとめ

 

1.使い方

まず、使用する画像は自身でご用意の上、GIMPにて画像を開きます。

 

画像を全選択します。選択方法は Ctrl+A 。

 

外枠に使用したい色を選択。画像左側の赤丸をつけている部分をクリックし、色を選択します。今回の場合黒色で設定。

 

描画色の設定をしたら、画面左上の「編集(E)」をクリックし、「選択範囲の境界線を描画(S)」をクリック。

 

外枠の線の太さを決めます。「線の幅」を設定(数値が大きいほど線が太くなります)。線の幅を決めたら「描画(S)」をクリック。

 

画像の外枠に線が描画された後は、ファイルを保存。左上の「ファイル(F)」の「名前をつけてエクスポート」をクリック。

 

どこに保存するのか選択し、「エクスポート」をクリック。今回はpng形式で保存。

 

もう一度「エクスポート」を選択。

 

画像に外枠を描画することが出来ました!

 

2.まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

なぜこのような作業をする必要があるのかというと、例えば自分のブログ背景が白色だった場合、白色が背景に溶け込んでしまい、どこからが画像なのか分からなくなってしまうのを避けるためです。

 

逆に、外枠を設定しないことにより、背景と同化させるといった手法もありますので、そこに関しては好みですが・・・。

 

今時点でのGIMPでは、上記の方法がスピードが速いと思っています。
是非使ってみてくださいね!

<スポンサーリンク>